緑の募金

緑の募金でふせごう地球温暖化

緑の募金で森を、地球を、元気にしよう!
皆さまのご協力で、私たちの森、未来ある子どもだちの地球が元気になります。
森林は、私たちに多くの恵みを提供してくれています。しかし、今、国内外で森林の恵みに限りが見え始めています。

大切な森林の恵みを守り、次世代に継承するためには、皆さまのご協力が必要です。

今すぐ募金をする

次世代のための森づくり

いま、国内では手入れ不足等によって森林が本来のはたらきを発揮できていません。また、海外では砂漠化等による地球的規模の森林の減少・劣化がいまなお続いています。
そのため、森林を整備したり緑を増やすことを農山村の人々や専門家に任せておくのではなく、一人ひとりが森林や緑を自分たちの共通財産と考え、森づくりへ参加することが必要です。

間伐が遅れている森林は皆様のご協力で適切に間伐されている森林に生まれ変わります

詳しくはこちらへ

「緑の募金」について

「緑の募金」について

一人ひとりが森林を自分たちの共通財産と考え、それぞれの立場で、可能な方法で、森づくりへ参加することを期待して、1950(昭和25)年に「緑の羽根募金」運動が始まりました。1995(平成7)年には「緑の募金による森林整備等の推進に関する法律」が制定され、「緑の募金」と改められました。
「緑の募金」は、募金に協力してくださる個人・団体の皆様、募金団体、募金活動の拡大に協力してくださる個人・団体の皆様、そして募金を活かす森林ボランティア団体やNPO、事業体の皆様とで成り立っています。

詳しくはこちらへ

皆様から寄せられた「緑の募金」は、様々な活動に活かされています。

国内の森を元気にする
  • ・水源林の整備
  • ・里山の再生
  • ・被災森林の復旧
  • ・身近な地域の緑化等
国内の森を元気にする
地域の緑を増やす
  • ・砂漠化地域の緑化
  • ・熱帯林の保全
  • ・マングローブの植林等
地域の緑を増やす
森づくりのリーダーを育てる
  • ・森林ボランティアリーダーの養成研修
  • ・林業体験イベント等
森づくりのリーダーを育てる
森で子どもをはぐくむ
  • ・子どもたちの森林・環境教育(体験学習)
  • ・木の文化の伝承等
森で子どもをはぐくむ

詳しくはこちらへ

  • 人ひとりが年間320kgのco2を出しています
  • 320kgのco2を吸収するには23本の杉の木が必要です。

より多くの皆様の「緑の募金」への参加が得られ、国民全体で森林を守り育てる運動として発展できますよう、ご理解とご協力をお願いいたします。

今すぐ募金をする

インターネットからのお申し込みについて

クレジットカードで
以下のカードがご利用頂けます。
ご利用できるカード
インターネットバンキングで
インターネットバンキング決済(ペイジー)による決済が可能な金融機関がご利用いただけます。
インターネットバンキング
ATMで
Pay-easy(ペイジー)ロゴがついているATMでお支払いいただけます。
ATM

ページトップへ